「ESDに関するユネスコ世界会議」が2014年10月・11月にかけて岡山市で開催され、
11月8日、岡山市芸術祭との共催による「ESD×芸術祭交流ステージ」に
日本大衆音楽協会岡山支部(岡山県大衆音楽協会)が出演しました。
私たちのテーマは、戦後の復興期に大ヒットした懐かしい音楽と
ヒップホップとのコラボレーションにより、
古き時代と新しき時代の融合で、新たな心地よい魅力を届けることです。
今回の歌は、昭和24年に大ヒットした「銀座カンカン娘」。
歌詞に合わせたユニークな振付けに現代っ子も思わず照れ笑いをするなど、
世代が繋がっていく喜びを感じる瞬間でもありました。
会場が土曜日の岡山駅ということもあり黒山の人だかりが見入っていました。


笹川キッズの皆さんのダンスも 
元気よく、とても可愛らしく
また、かっこ良かったですね。










もどる